kinujoドライヤーの口コミ!気になる使用感や電気代も調査。

トレンド
記事内に広告が含まれています。

毎日のヘアケアは私たちの美しさを左右する重要な要素。

特にドライヤー選びは、髪の健康を守りながら、

理想のスタイルを作り出すために欠かせないポイントですよね。

しかし、市場には様々なドライヤーがあふれており、どれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

そんなあなたにぴったりの製品が、Kinujoのヘアドライヤーです。

この記事では、Kinujoドライヤーがどのようにあなたの髪の悩みを解決し、

日々のヘアケアを豊かにするのかを詳しく解説します。

独自の技術で髪へのダメージを最小限に抑えながら、

速く乾かすことができるこのドライヤーは、忙しい朝でもあなたを支えてくれるでしょう。

また、そのスタイリッシュなデザインは、バスルームに置くだけで気分が上がります。

電気代や使用感など、実際の使用においても重要なポイントをしっかりとカバー。

あなたがドライヤー選びで何を重視すべきか、具体的な情報と共にお伝えします。

キレイに、そして賢くヘアケアを行いたいあなたに、Kinujoドライヤーは最適な選択肢となることでしょう。

kinujoドライヤーの口コミ!どんなドライヤー?

【公式】KINUJOHairDryerドライヤー大風量軽量速乾kinujo2カラーモカホワイトマイナスイオン3段階温度調整遠赤外線サロン仕様ヘアケア美容家電

(画像引用:楽天市場)

kinujoのドライヤーは、見た目のかっこよさも人気のドライヤー。

では、いったいどんな商品なのか。

知りたくはないですか?

ここでは、kinujoのドライヤーがどんなものか、使用感と電気代。

レビューや口コミをも紹介しちゃいます!

Kinujoヘアドライヤーの基本情報

  • 製品名: Kinujo Hair Dryer(KH001)
  • 価格: 25,850円(税込)価格は参考価格。
  • 製品の特徴:
    • 独自開発のブラシレスDCモーター搭載
    • 2.2m³/分の大風量
    • 軽量化(363g)に成功
    • マイナスイオン機能・遠赤外線機能搭載
    • 速乾・軽量・ツヤ髪を追求した設計
    • 3段階の風量・温度調節機能
    • グッドデザイン賞受賞(2021年度)​​​​​​

ところでkinujoてどんな会社?

Kinujoは、2012年5月22日に設立された美容家電ブランドを運営する株式会社で。

代表取締役は浜田智章さんと上條亮太さん、資本金は3,700万円です(2023年8月31日現在)。

美容家電の開発と販売をしています。

この企業は特に、革新的な技術とスタイリッシュなデザインを持つ製品を開発していて、

その製品ラインナップにはヘアドライヤー、ヘアアイロンなどがあります​​​​。

気になる電気代と使用感は?

電気代

Kinujoドライヤーの気になる電気代について、こちらを。

  • 電力消費: 1250W
  • 1日10分使用時の電気代: 約5.6円(電気料金単価27円/kWhを基準)
  • 1か月の電気代: 朝晩10分使用で約170円〜350円

これは、ドライヤーを最大風量で使用した場合の計算なので。

実際の使用はもっと低コストになる可能性があります​​​​​​。

使用感

使用感は、以下のポイントが挙げられます。

  • 熱ダメージの軽減: サーモカメラでの検証により、ドライ中の髪表面の高温部分が少なく、熱ダメージの軽減が期待できる。
  • 風量: 弱風でもまろやかな風が頭皮まで届きますが、高温設定では少し熱く感じることも。
  • 髪の質感: 強風での使用は毛先がパサつきやすく、広がり気味になるため、風温・風量の3段階調節や各種モードをうまく使うことでパサつきを防ぐことが可能です。
  • : 使用時の音はやや大きめ。深夜の使用には少し気を使いそう。
  • 持ち運び: 折りたたみ可能なので、旅行や出張にも便利。
  • 価格: 税込33,000円で、サロンのような繊細なブローに適していますが、速乾性に関しては比較商品に比べるとやや低いとの評価もある​​。

これらの点を踏まえて、Kinujoドライヤーは熱ダメージを気にする人や、

軽量で使いやすいドライヤーを求める人に特に適していると言えます。

また、電気代も一般的な電化製品と比較して安心して使える水準ですね。

ユーザーレビューと評価。否定的な意見も

  • 良い評価:
    • 素早い乾燥とツルツルに仕上がる髪
    • 軽量で疲れにくい設計
    • 申し分ない風量で頭皮まで届く
    • 熱ダメージの軽減が期待できる​​​​​​
  • 否定的な意見:
    • 音がやや大きめ
    • 髪のツヤ・まとまり感が特に感じられないとの声も
    • 比較商品に比べて速乾性が低め
    • 高温設定で少し熱いとの意見も​​​​​​

(2年前のものなので、多少商品仕様がことなるかもしれません。)

それにしても、SYOHEIさん。

イケメンやわあー。(男性に興味があるわけではなく純粋にね)

おすすめポイント

Kinujo Hair Dryerは、その軽量設計、大風量、熱ダメージの軽減能力により、

長時間使用する人や髪をやさしく乾かしたい人におすすめ

スタイリッシュなデザインもかっこよくて、グッドデザイン賞の受賞歴もあります。

(TBS「着飾る恋には理由があって」でも使用されていた。)

一方で、音の大きさや速乾性に関するいくつかの否定的な意見もあるため、

これらの点が気になる場合は、他社のドライヤーと比較してから購入を決める必要がありそうです。

kinujoドライヤーには、さらに上位モデルのPROもある。

ここでは、PROとの比較解説をしていきますね。

調査したところ8つの違いがありました!

そして、あなたがいちばん気になっているのは・・・価格!

Kinujoヘアドライヤーは33,000円、Proは46,200円で、Proの方が高価​​​​​​​​​​​​​​​​​​。(通販サイトによっては価格は多少かわる)

結論として、Kinujoヘアドライヤーは家庭用として十分な機能を持ち、価格も手頃です。

Proモデルはサロン用途に適しており、より高いパフォーマンスを求めるプロフェッショナル向けです。

髪の悩みのこんなひとにすすめたい!

Kinujoヘアドライヤーは以下のような髪の悩みを持つ人におすすめしたいですね。

  1. 乾かすのに時間がかかる人: 2.2㎥/分の大風量で、素早く乾かすことができます。
  2. 髪のダメージを気にする人: 熱ダメージを軽減する技術が採用されており、やさしく髪を乾かせます。
  3. 髪にツヤが欲しい人: マイナスイオン機能と遠赤外線機能が搭載されており、ツヤのある仕上がりを目指せます。
  4. 重いドライヤーが苦手な人: 軽量設計(363g)なので、長時間の使用でも疲れにくいです。
  5. スタイリッシュなデザインを好む人: 2021年度のグッドデザイン賞を受賞した、おしゃれなデザインです​​​​。

といっても、最近のドライヤーはどれもデザインがおしゃれでカッコよくて。

軽いものが多くて、価格も安くて性能もいいものもあります。

では、最終的に購入の決め手になるものはなんでしょう?

それはズバリ「つかいやすさ」です!

kinujoのドライヤーはコードが長くて、使う場所を選ばないし。

すぐ乾く。これは時短になっていいですよね。

とくに女性のみなさんは、髪を乾かすのが面倒と感じたことがあるのでは?

このドライヤーならめんどくさいなと言ってる間に乾いてしまいますよ(笑)

まとめ

さて、本記事ではKinujoヘアドライヤーについて詳しく紹介しました。

この製品は独自開発のブラシレスDCモーターを搭載し、大風量を提供しながらも、

髪への熱ダメージを軽減する技術を採用しています。

さらに、軽量設計(363g)とスタイリッシュなデザインが特徴で、

2012年に設立された美容家電専門の株式会社Kinujoによって製造されています。

Kinujoヘアドライヤーは、特に乾かすのに時間がかかる人、

髪のダメージを気にする人、髪にツヤが欲しい人、重いドライヤーが苦手な人、

おしゃれなデザインを好む人におすすめです。

また、通常モデルとProモデルの比較では、Proモデルがより高いパフォーマンスを提供する一方で、

通常モデルも家庭用として十分な機能を持っています。

Kinujoは美容家電を専門とする企業であり、その製品は革新的な技術とデザインを兼ね備えています。

この記事を参考に、あなたの髪の悩みに合った最適なKinujoヘアドライヤーを選んでくださいね。

髪は、見た目にかなり左右します。

街で見かける白髪交じりの人をみると、あなたはきっと「あのひと、ふけているな」と感じるはずです。

髪の見た目は、とても大事!

だから、いいドライヤーでヘアケアして。

髪の先から美人になりましょう!

そうすることで、年齢よりも若く見られたり。

「髪がいつもきれいだけど、なにかしてるの?」なんて聞かれたりしますよ。

良い髪を手に入れるには、いいドライヤーから。

スポンサーリンク
トレンド便利グッズ
kazuをフォローする
kazuの気になるブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました